逞しい心とからだ そして よく働く
生き生きとした頭脳を育てる保育

 なかよし保育園は、「はだか・はだしの保育」を終了しました。
 なかよし保育園では、《頭脳は文明人、体は自然児》の保育方針のもとに、次のような4つの大きな柱を立てて、その目標に向かって保育しています。

 快動、快食、快眠、快便は健康の「あかし」であり絶対条件だと思います。そして、1日も欠かすことのできないものは、毎日の食事です。
 「食こそ命」という考えに基づいて、園児の給食は通常の献立のほかに、当園独自のもの(ヨーグルト、えんめい茶など)を取り入れています。
 また、整水器によって、電解還元水と電解酸性水を作り出しています。電解還元水は、胃腸症状の改善の効果があるといわれていますので飲用に使用し、電解酸性水はお掃除に使用しています。

 逞しい体そして心を養うために
@ぐるぐる遊び
A未満児遊戯室
B和太鼓の演奏
C立腰


 脳を知的な環境において刺激することにより脳のプリント配線が3歳児で約60%出来ると言われています。
 脳の働きをよくするため、カリキュラムにそって、普段の保育の中で遊びながら自然と身に付けるようにしています。
@漢字で遊ぶ保育
Aひらがな、数
Bさんさい文庫
Cコンピュータ遊び

 玄関前に如意観音様が安置してあります。『布施の心』『知足、我慢、満足、感謝』の心を親子ともに養ってもらうため、子どもたちは1日1円のお布施をあげ、朝は1日の無事を祈り、帰りは1日の感謝の祈りをしています。
 そして、小さな時から一宗一派に片寄ることなく、豊かな心、他人への痛みのわかる心そして、崇高なものへのあこがれなどの宗教的情操を育てたいと願って行っています。

  ※令和3年度より、保育時間を変更し、平日7時30分〜19時00分といたします
  ≪標準時間認定を受けた方≫
    平日    7時30分〜18時30分
    土曜日   7時30分〜12時00分

  ≪短時間認定を受けた方≫
    平日    8時00分〜16時00分 (延長保育 7時30分〜8時00分・16時00分〜18時30分)
    土曜日   8時00分〜12時00分 (延長保育 7時30分〜8時00分)
    ※延長保育料は30分あたり100円です。16時から延長保育料を負担していただきます。
     曜日にかかわらず、朝7時30分〜8時00分は無料です。

  ◎入園当初は、慣れないため保育時間を少しずつ延ばしていく慣らし保育を行います。
    入園後2日間は10時30分帰り、その後2日間は給食を食べて12時30分帰り、
    その後より1日保育になります。
    ただし、都合のつかない方は担任にお知らせ下さい。

  • とんぼ組 (年長児)
  • ちょうちょう組 (年中児)
  • ほたる組 (年少児)
  • きんぎょ組 (2歳児)
  • ひよこ組 (1歳児)
  • ひよこ組 (0歳児)

  • 保育料は、上越市から決定されてきます。口座振替です。
  • 年少組・年中組・年長組は、保育料の無償化に伴い、給食費(月額5,000円)を口座振替で保育園に納めていただきます。
    ※収入や家庭状況によって、市や国の制度で減免となる場合があります。